Home > 2008年06月

2008年06月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「住所パワー」位置点数化サービス

関心空間をサーフィン(死語?)してたら、こんなサイトを紹介されていた。
「住所パワー」

株式会社 バランステクノロジーが提供するサイト。
その土地のポイントを、利便性で測ってくれる。
調査に基づいてるそうですが、独自の、、、ってところがいまいち信憑性が?です。

が、早速やってみたら「2221p」でクラス「B」でした。





以前暮らしていたところが「1888p」でクラス「C」でした。

どうやら、周りの環境を元に点数付けをしているようです。



「ラブホテル」と「風俗」が「0」なのがポイントを押し上げているのかな?


「A」が出るところはどんなところなんだろ~

梅雨だな~

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-29 Sun 11:42:09
  • ひとり言
ここのところ、毎週末雨です。
な~んか、思いっきり外に行けないのは精神衛生上良くないですよね~
な~んか、心までべったり・・・って感じで、、、




さあ、エスプレッソでも煎れよ~っと。

果物まるごとブルーベリージャム


ショップチャンネルで、販売していた「果物丸ごとブルーベリージャム」暫く前に家族会議の末、購入したのですが何となくもったいなくて食卓に乗らなかったのです。(小市民だな~)
しかし、先日ヨーグルトを食べる際についに開缶でございます。


なかなか、缶の趣もしっかりしたところが有ったりします。



中身はこんな感じに、大粒のブルーベリーです。
アオハタの倍ぐらいの大きさかな?



爽やかな甘みと酸味、そして大粒な果実が「う~ん、うまい!」って感じです。

季節限定製品なので現在は、売られていません!!!

スイスロール

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-22 Sun 18:50:57
  • ひとり言
甘い物好きの私は、スーパーに行くと必ず探すのがこれ、
ヤマザキ「スイスロール」


薄い長方形に焼いたスポンジケーキに、ジャムクリーム類(ホイップクリーム、バタークリーム、カスタードクリームなど)、細かく切った果物甘露煮にして刻んだなどをのせ、渦巻き状に巻いたもの。スポンジ生地はココアコーヒー抹茶などを混ぜて作られる場合もある。最近は野菜を生地や具に使用することもある。スポンジを巻いてつくるため基本的に完成時は円柱で、食べる時には円に対して並行に切って取り分ける。

英語ではスイスロール(Swiss roll)と称し、ジャムを巻いたものを特にジェリーロール(jelly roll)と称する。フランス語ではルーロー (rouleau) あるいは、ルラード (roulade) と称する。フランスクリスマスケーキの一種である、ビュッシュ・ド・ノエル(「クリスマス」の意味)の台にも用いられる。

日本では、山崎製パン昭和30年代に発売した「スイスロール」(厚めのスポンジケーキにバタークリームを薄く塗って巻いたもの)が、一般家庭のおやつとして一気に普及した。


特に、こいつ安いんですよね~
一本食い~とか出来ちゃいます。

でも最近見かけないな~

ベクシル -2077日本鎖国- Vexille

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-22 Sun 18:14:53
  • Movie


アメ雨あめ~でございます。
こんな日は、たまったDVDを見るのでござる。

さて今回は「ベクシル -2077日本鎖国- Vexille 」です。

昨年の夏に公開されたアニメーションなのですが、いろんな意味でアニメっぽくないハードな内容。
話しも外国目線の日本の話し。

21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオテクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に規制することを求めた。日本はその要求に従うどころか、反旗を翻して我が道を行く決定を下したのだった。

その決断とは日本を鎖国することだった。

2067年に、日本はハイテク技術を駆使した完全なる鎖国をスタートすることになった。その後日本の情勢は秘密のベールに包まれ、外国人は立ち入ることができなくなった。そして10年が経過した2077年。米国特殊部隊"SWORD"所属の女性兵士、ベクシルは、日本への潜入作戦を実行する。しかしそこでベクシルが目にしたのは、想像を絶する光景であった。延々と続く荒涼たる地・・・これがハイテク技術の末に辿り着いた、真の日本の姿なのだろうか?

リアルな映像に、しっかりとしたサウンド。
少しぎこちないまでも、かなり出来の良いCG。
ここまで来たか、、、という感じがします。
ストーリーも良くできていて、面白かったです。

もうちょっとクオリティーの谷間が見えなければ完璧ですね~
恐ろしや、ジャパニメーション!!!

ナショナル・トレジャー(NATIONAL TREASURE)

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-21 Sat 23:20:06
  • Movie

子供と一緒に楽しく見ようとおもってなんとなく借りました。
「ナショナル・トレジャー」ですが、謎解きにセリフ回しで説明され、しかも結構難しめで、お子様は楽しめなかった様子。
かわりに、親二人がズッポシはまっちゃいました。

ストーリーは

歴史学者であり冒険家のベン・ゲイツは、テンプル騎士団の秘宝の秘密を受け継ぐ一族の末裔。秘宝は、当時のフリーメイソンらによってイギリスの手に渡らないようにアメリカ建国時に封印されたという。

ベンは祖父からその話を聞かされて育ち、大人になって富豪の冒険家イアン・ハウからトレジャーハントの出資を受けることになった。

ベンは海泡石のパイプを発見し、「アメリカ独立宣言書」 にその秘密が隠されていることが判明する。ベンが宣言書を盗むのを拒んだため、イアンとの協力関係は終わり、対立する。ベンは宣言書が保管されている国立 公文書館のチェイス博士やFBIにイアンの危険性を警告するがとりあってもらえない。そこで宣言書を「保護」するため、先手を打って自ら盗み出すことにし た。

日本人にはあまり物語のキーとなる「アメリカ独立宣言書」の重要性は分からぬものの、きっとアメリカ人には凄く大切な物なんでしょうね~
既に2作目もDVDでレンタルされているので、次も借りてみたいと思います。

「ScribeFire」でブログ更新

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-21 Sat 09:46:03
  • Mac関連
Firefoxをバージョン3にアップした。色々入れていたアドオンが、バージョン3に対応していない物が多く、色々と何か面白いアドオンが無いかと漁っていたら、Firefoxをブログエディター化する「ScribeFire」を発見。早速インストール。海外のソフトであるもののちゃんと日本語ローカライズされていて、使うのに支障は有りません。私の使っている「Fc2ブログ」も問題無く接続できました。後は画像の貼り付けとかどうなるのか、、、、・・・早速貼ってみると・・・・OK!、出来ました~これまで使ってきた「kaku」と比べると画像をコントロールする構文がちょこっと違っていたのでうまく表示させるにはちょこっとだけ???になりましたが、これも慣れでいけるでしょう~Firefoxの画面下で執筆できるので、Webを見ながらの制作もOKです。(上の画像がその状態)タブを使って1画面丸々使う事も可能です。なかなか使えそうです。

<追記>

カテゴリーをちゃんと選んでも反映されない、、、、う~む残念!!


気になるガジェット/オムロンヘルスカウンターHJ-710IT

世の中メタボという文字があちこちで見かける今日この頃。
メタボならかなりストライクゾーンな私。

腰痛持ちでもあるので、いきなり走ってみたりするのも怖いし、たとえ血迷って走ってしまったとしても、根っからの三日坊主なので一度でも雨に降られるとそこでいきなり立ち消えてしまうのが目に見えている。
まずは毎日どの位の運動をしている物なのかを測り、いかに増やしていくかと考えると、答えは自ずと「万歩計」という物になって行く。

万歩計なるものは「山佐時計計器株式会社」という会社の売り出した歩数計の商品名。それが一般的な名称となっているそうだ。
歩数計、良い物が無いかと探してみるとこんな物に出くわした。

オムロンヘルスカウンター HJ-710IT



品番の最後の2文字が表すとおり、少し電子の香りがする。
なんとこの機種にはUSB端子が付いており、付属のソフトを使ってパソコンと接続すると、万歩計に蓄えられたデータが吸い出され、毎日歩いた歩数をグラフにしてくれたりするのだ。
これなら、無理なく運動を増やせそう~と思ったのだが、ソフトの対応は「Windows」のみ。
う~ん悲しい現実。Macなウォーキングガジェットは無いのかいっ!
(ナイキのあれは、基本走る奴なのでNGです)

トゥモロー・ワールド(Children of Men)

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-16 Mon 07:18:57
  • Movie


2027年のお話し。
なんと人類は18年前から子供が生まれなくなっているという設定。
世界はそれを引き金に社会が崩壊。舞台となるイギリスはなぜだか秩序を保っているものの、正解から流れ込む難民を軍事力で排除している。そんな中、エネルギー省に勤める主人公のところにテロリストとなった元妻が指揮する組織に拉致される、、、といった感じでず~っと暗い映像で作り込まれています。
終盤の戦闘シーンのリアルさと、この映画のキモである赤ん坊との対比が大きく一部ヒューマンな部分が良かったです。

子供を授かっているだけに、こんな世界が来たら本当に嫌だな~

サウンドも5.1chDTSで良かったです。
夕方に見ていたので比較的大きな音で聞けたのが、更に良かったです~

2006年11月18日日本公開
公式サイト:http://www.tomorrow-world.com/

ーー連続で映画を堪能しています。
なんと今週はレンタル屋さんが旧作7泊8日半額だったから~(笑)


ディパーテッド

  • Posted by: こうちゃん
  • 2008-06-14 Sat 23:50:57
  • Movie
マーティン・スコセッシ監督の香港映画「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイクムービー。
ディカプリオ、マット・デイモン、そしてジャック・ニコルソンと豪華なキャストで描かれるバイオレンスサスペンス。



潜入捜査官と潜入先からのスパイを描いた作品です。内容的にちょっと複雑で、最初はデイモンとディカプリオの立場が見分け付かなくて混乱しました。ちゃんと立ち位置を掴むとぐいぐい作品に引き込まれて、2時間32分の長~い映画も一気見でした。
ごひいきのマット・デイモンは悪役やっても良いな~
最後の15分は、え?え?えええ~?って感じで終わって、非常に楽しめました。

第79回アカデミー賞の最優秀作品賞受賞
ディパーテッド



Index of all entries

Home > 2008年06月

タグクラウド

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。