Home > 2009年06月

2009年06月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Xactiのお供にHDD(1TB)購入!!!

Xactiを買ってから、HDムービーを撮るとものすごくデータがたまって行きます。
こりゃ内蔵ハードディスクがすぐ一杯になるな~ってことで、外付けハードディスクを購入です!


購入したのは、I・O DATAの1テラバイトのハードディスク。
(機種名:I・O DATA HDCS-U1.0)

接続はUSB2.0。本当はFirewire(IEEE1394)接続が良かったんですが、流石に高い!!!
でもってこのハードディスクは1万を切る価格です~

ケースはホワイトで、AC電源は頭でっかちな奴です。


背面はこの通りで、電源スイッチとAC電源のジャックとUSB端子とシンプルです。


Xactiとは1対1で接続できて、データの転送もXactiの付属リモコンでコントロール出来ます。


HDMI端子付きのテレビがれば、TV~Xacti~HDDと繋げば、HD動画をそのままTVで鑑賞できます。
といっても、我が家にはまだブラウン管テレビしかないのですが、、、(苦笑)

いつかキット大きな画面で見る為に、無理してFullHi-Visionで撮影しちゃいます!!!!







見た目コンパクトでもデータはタップリ入ります!
I・O DATA HDCS-U1.0 外付けハードディスク 1.0TB USB2.0/1.1対応 ※台数限定大特価






サンヨー【台数限り】フルハイビジョンデジタルムービーカメラXacti DMX-HD1010-Sシルバー【DMXHD1010】





SANYO Xacti DMX-HD2000(K)(ブラック) ムービーも写真も1台で撮影できる、フルハイビジョンデジタルムービーカメラ。

人類は麺類化計画「金魚印のひやむぎ」


最近、我が家は麺が主食?って感じで麺がフィーバー中(死語)


先週、妻がご贔屓の大矢知のひやむぎを買うのだ!と
ネットショップを縦横斜めに検索し、これに決めた!との勢いで購入した「大矢知金魚印手延べひやむぎ」(長っ!)
これがなかなか美味しくて!


いわゆる、大人買いしてしまいましたぁ!



購入はご近所の接骨院のせんせいと合わせて40束(4束のうどんサービス付き)

手作りらしく、一束一束紙に丁寧に包まれています。



手延べということが麺の太さのや、色のバラツキで分かったりします。






茹で上がりはこんな感じです。





麺はほんのり黄色味を帯びています。
ほどよく塩分があり、そしてしっかりとした腰があって「ラまい!」です。

と当分これ食って生きます!!!






人気No.1★お口の中で跳ねるぷりぷりの食感がたまらない!!★大矢知伝承の味【金魚印】手延べひやむぎ 225g×40束







人気No.1★お口の中で跳ねるぷりぷりの食感がたまらない!!★大矢知伝承の味【金魚印】手延べひやむぎ 225g×27束



傘を買うのだ!

  • Posted by: こうちゃん
  • 2009-06-22 Mon 23:20:33
  • ひとり言


今日は、家を出る時点ですでに雨が降っていた。
バスを待っている間にだんだん雨脚がつよくなってきた。

今日さしている傘は、家電量販店の景品。
封書で届いたお買い得商品のなかにある、ご来場記念の奴だ。

普段は自転車なのだが、流石に雨具を着てまで乗りたいわけではない。
月曜日の雨は渋滞を深刻な物にする。

バスが来ない。
景品の傘はどんどん雨を吸い込んで行く。

バスは結局10分遅れできた。

バス停は我が家から反対方向に2分ほど歩いたところにある。

バスが我が家の前を通り過ぎたのはバス停に並んで15分以上たったあと。
なんだか凄く損した気分。



さらに渋滞は続く。
会社に到着するのは始業ギリギリだと、携帯のなかのデジタル時計で気づく。
バスを降りて歩く歩く。

しっかり雨をしみこませた傘は、少しずつ傘の中に雨を降らし始める。
あるくあるく。
せっせとあるく。
雨脚はさらに増してきた。傘の中の雨も増してくる。

会社に着く頃にはかなりびしょびしょ、、、、


景品の傘には悪いが
ちゃんとした傘を買おう!


OLYMPUS PEN E-P1に触れてきた~

最近ブロッガーの間で話題になっている「OLYMUS PEN」の発売を記念したオリンパスのイベントがあったので行ってみました。
こういったイベントは大概、「名古屋飛ばし」をされるのですが、飛ばされずに済んだって事はかなりオリンパスは本気なんだぞ!と言う感じかな?


イベントは名古屋のロフトがあるナディアパークの2階フロアで行われ、アイススケーターの「浅田舞さん」やプロカメラマンがディスカッション。そして、「OLYMPUS PEN E-P1」の実機多数揃えての開催であった。


画像はプロカメラマンと浅田舞さんのトークショー



最近の高級コンデジの人気とデジチとの中間に位置するデジカメ、実際にさわってみると興味をそそります。


白いボディーが人気の様ですが、私はステンレスのヘアラインが美しいこの白が好きだったりします。



数枚シャッターを切ってみましたが、しっかりとしたシャッター音と振動が伝わってきます。
コンデジとはこの部分で間隔が違ってきますね。
なんか嬉しくなってしまいます。




噂の白ボディーはこれ。





何となく私にはやすっぽく見えてしまいました。






イベントレディーが首から提げていたのは本革ジャケットをまとい、光学ファインダを取り付けた「E-P1」
ストラップはカタログに出てる本革じゃない物でした。







我が家ではデジイチとコンデジの間をXactiで埋めてしまったのでこれには手が出ませんが、Xactiが無かったとしてもこの10万クラスのデジカメを買う余裕はないかなぁ~








ツインレンズで無敵~


パンケーキ+光学ファインダ




ほろ酔い気分の「Asahiビール工場見学」

  • Posted by: こうちゃん
  • 2009-06-20 Sat 22:34:49
  • ひとり言

今日はなんとか天気がもったので近所のアサヒビールへ工場見学に行ってきました~

予約制の工場見学は土曜日のお昼一番のせいもあってかかなりの人数でした。





名古屋工場には130本の熟成・発酵用のタンクが並んでいます。




案内係のおねえさんに連れられて、工場内を説明を受けながら一周します。

アサヒビールでは「鮮度」を重用視しており、工場内で作ったビールは3日以内に出荷する様に取り組んでいるそうです。
おいしさと鮮度は重要な関係があるそうです。

仕込み、濾過、発酵熟成、びん&缶詰め、そして箱詰めまでの行程を見学する事ができます。
残念ながら工場内は撮影が禁止だったので、工場設備の巨大さや清潔さは伝えることは出来ませんが、とても綺麗で整頓の行き届いた工場だな~と関心しました。
約30分ほどの工場内の見学を終え、最後はお楽しみの試飲です。



試飲専用の会場には「スーパードライ」と「黒生」のビアサーバが設置されています。



まず一杯目は当然「スーパードライ」です!(笑)




次は、「スーパードライ」と「黒生」を半々についで「ハーフ&ハーフ」。




ビールを美味しく入れるコツは、綺麗に洗い自然に乾燥されたコップを使う事だそうです。コップを洗った後はなるべく自然乾燥がよいらしく、布巾などで水分を拭き取るとどうしてもコップ内に繊維が付着し、それがキメの細かい泡を壊してしまい美味しいビールを最後まで飲むことが出来ないそうです。
実際に繊維で拭いたコップにビールをついでみせてくれました。自然乾燥の物よりも泡が大きくそして短時間で泡が消えてしまいます。

そんな豆知識を習得したあと、工場見学は終了です。
大体約75分の行程です。


試飲場を出ると売店コーナーがあり、おつまみやお土産が並んでいます。
せっかくなので、1品購入して見ました。

熱風焙煎法「丸つぶむぎ茶」です。
やっぱり麦にこだわったビールをつくっている会社だから、美味しいかな~っと。



自宅に帰って、これまで使っていた麦茶のと比べるとかなり形違ってました。
(写真右側が今回買ったむぎ茶)




煮出してみると、香ばしい麦茶ができました~




おいしい週末です~


高級イヤホン「Ultimate Ears 700 」


このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
みんぽす



初めて借りる商品「ロジクール - UltimateEars 700」が到着しました。
これから何回かに分けてレポートして行きたいと思います。


このイヤフォンで驚くのはその34、800円という価格(笑)
た、高いじゃないですか~

何となくロジクール社の製品といえば、マウス、キーボード、ウェブカメラを中心にラインナップが頭に浮かびます。なぜゆえ高価なイヤフォンを販売しているのか?にまず疑問が頭に浮かび、早速ググってみました。

「Ultimate Ears (アルティメットイヤーズ)」というのは製品ラインナップ名称ではなく、イヤフォン専門のメーカー名でした。(ロジクールのホームページではあまりこの部分に触れていないので?って感じです)
Ultimate Earsは1995年に設立された比較的新しいイヤフォンメーカーで、プロミュージシャン向けのカスタムイヤフォンを作っており、カスタムイヤーモニター分野では80%のシェアを持つのだそうです。
このカスタムイヤフォンのからコンシューマー向けに販売されたのが今回の製品でカスタムイヤフォンの設計技術が活かされたイヤフォンとのことで、それ故の高価格なんだろうな~と想像しちゃいます。

下調べはその辺にして気になる製品を観察して行きましょ~


パッケージは小型なイヤフォンにしてはやや大降りなサイズです。




カナル型イヤフォンなので、シンプルな構成。



3種類のシリコン製のチップ



コンプライ低反発ポリウレタンフォームチップ



キャリーケース
お世辞にも3万円台のイヤフォンの為のケースとは思えないほどチープ。
できればコードを傷つけないように巻き取るアイデアなどがあるケースなら良いなぁ~と思う反面、ケースのサイズ自体はケーブルに負担を掛けないほどのサイズなので、持ち運びには支障が無い感じです。





本体は非常にコンパクトで軽量にできています。
カプセルの様なボディーはホントにこのサイズいい音がするの?と疑ってしまうほど、、




R側のボディーは赤で、REDのRとRH/LHのRで分かりやすいように関連付けられている。
だけど、夜にこの製品を見ても左右の色の違いは見え分けが出来なかった。せっかく色分けで表現したのにおしいところです。




以上が製品が到着した当日夜に一見した製品の印象です。
次回からは実際に使ってみてのレポートに入って行きます~






このレビューはWillVii株式会社運営の家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、レビュー内容の指示は、本情報開示以外は一切ありません!




ロジクールストア(トップページ)

懐かしき香りは、、、、

  • Posted by: こうちゃん
  • 2009-06-18 Thu 21:55:27
  • ひとり言
今日会社で懐かしい香りをかいだ。

香りの先は、まもなく定年退職を控えた御大。今日は非常に蒸し暑くエアコンはフル回転している。かき混ぜられた空気は懐かしい香りを私の所まで運んできた。

送信者 blog


香りの正体はこれだった。
「オロナイン」しかも大瓶!



な~んか、懐かしい気持ちになったのでした、、、



「フレッツ光 ネクストおよび次世代通信網に関するセミナー」に参加して、、、


このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から招待されたセミナーに参加して掲載しています。(詳細は末尾で)みんぽす


先日、「みんぽす」が主催するセミナーに参加してみた。
今回は大阪での開催とことで、近鉄特急に飛び乗っての参加。ちょっとしたトリップ気分での参加でした。ラッキー!


フレッツテレビ
今回のメインはNTT西日本が提供する「フレッツテレビ」だ。フレッツと聞くとインターネットのあれね、となるわけだが、まさにずばり!
そういえば、我が家もしっかりフレッツ光を使っていたのだぁ~

フレッツという名称がついてNTTなので、インターネット回線を使ったテレビ放送だというのは簡単に想像が出来る。しかし、いくら光ファイバーが凄いといっても、まさか映像までばりばり行けるはずが、、、といった疑問を払拭させる内容のセミナーが私を待ち受けていた。さっそくその中身を紹介。

フレッツテレビはWDMで大丈夫!
「なに?WDMって!」ってかんじで早速分かりにくい見出しにしてしまった。どうやらこのWDMという仕組みが、光ファイバーで映像をストレス無く家庭に届けるキモの技術なのだそうだ。

 
送信者 minpos_westNTT


通常は2本の光ケーブルを使って、IP信号の伝送速度に影響が出ないように映像を配信するのだそうだが、NTTの開発したWDMは伝送速度に影響が出ないように1本の光ケーブルで伝送する仕組み。しかも、現時点ではまだ1本上りの伝送経路は開けてあるのだそうだ。一見無理なことをさらりとやってのけ、しかも1本余らせているあたりは流石NTT。
そして、1本の光ケーブルだけを使うと言うことは、2本よりも安い訳で!その結果リーズナブルなサービスを提供出来ると言うことらしい。


フレッツテレビは何を配信するの?
次はその中身が気になってくる。何が見れるかというと「地上波放送(デジ&アナ)」「BS放送(デジ&アナ)」。さらに、「スカパー!e2」もオプションで視聴可能!、、、、って普通じゃん!とか思いますが、次の点が普通じゃないんです!

1.アンテナが不要!
デジタルといえど地上波を受ける限りは通常アンテナが必要ですが、フレッツテレビは不要。強風でアンテナの方向がズレ、屋根に登ってアンテナを調整するなんてことから解放されます。意外とアンテナってメンテが必要なんですよね~

2.2台目、3台目とテレビが増えても使い料金はかからない!
確か、ケーブルテレビとかは1台増える毎に追加料金が掛かるんですよね~。ちょっと見るだけで追加料金とられたらたまらんちゅ~のっ!

3.セットトップボックスが要らない!
セットトップボックスが要らないってことは信号が直接レコーダーに入るってこと。セットトップボックス経由で信号が入るわけではないから、予約録画がレコーダーだけで完結するんです。そして、お出かけ先からのネット経由の予約操作もレコーダーにアクセスするだけで出来るので、サクッと完了ってこと!

■サービスをNTT西日本がしっかり守っている!
一般企業ならいざしれず、そこはNTT安定感は抜群なようです。そんなところもいろいろと説明してくれました。

・放送の受信所は府県に2ヶ所、ネットワークも2重
 
送信者 minpos_westNTT

何でも、各地の放送の電波を受信するには各府県単位で設置することが決められているのだとか、通常は1ヶ所で済むところを2ヶ所設置し、もしもに備えているのだとか。そして光ネットワークもWリング化。


・厳選に厳選を重ねた受信所
セミナーは室内で行われたものの、受信所の設備もみせてもらうことが出来た。
画像は某大阪の局舎の屋上に設置された大型パラボラアンテナ。

 
送信者 minpos_westNTT


最適な電波をとらえる為の徹底した受信点の調査を実施。
 
送信者 minpos_westNTT


そして、その他にもやり過ぎ(NTTとしてはそうでもないのだとか)とも思える体制で守り尽くす!
 
送信者 minpos_westNTT



などなどなど、他にも盛りだくさんな説明を受けたセミナーでした。
今回は「サービス」のセミナーだったので実際に製品を手にとって試してみるといった類のものではありませんでしたが、なかなか面白かったです。

最後に、こんなにいけてるサービスなのですが、マンション住まいの私には使えません(泣)
こんなところで「ラストワンマイル」発生です!

きっと近い将来NTTの技術で解決してくれる事でしょう! 期待してまぁ~す!



このレビューはWillVii株式会社が運営する 家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から、無償で招待されたセミナーに参加して掲載しています。セミナーの参加、及びレビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容に関する指示も本情報開示を除いて一切ありません(事実誤認があった場合のみ修正依頼があります) レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

予想GUYはナイスGUY!

  • Posted by: こうちゃん
  • 2009-06-13 Sat 18:40:00
  • ひとり言

今日、「家電フェア2009&大処分蚤の市 in ナゴヤドーム」という催しがあったので行ってきました。

家電のワゴンセールや、家電メーカーのブースが並び、さらに、芸人やモー娘。等のトークショーがあるとかでかなりの人でごった返していました。

送信者予想GUY

メーカーブースの一つ、ソフトバンクでiPhone3G(いまんところ現行機種の)の説明を受けていたところ、何やらソフトバンクの一角に人だかりが出ていました、、、、

人だかりの合間からどこかで見た人が、、、、








ソフトバンクのCMでおなじみの「予想GUY」こと「ダンテ・カーヴァー」さんだった。




送信者予想GUY

CM通りのイメージでしたが、想像していたほど背の高い感じではありませんでした。

送信者予想GUY
送信者予想GUY

送信者 予想GUY

我々も記念撮影の列に並んで撮ってもらいました。

その際に、名刺も頂きました(笑)

スジヤ★インターナショナルって何屋さんなの?(笑)

並んで待っているときも、待っている人を気遣ってくれたりして、なかなかナイスガイでした~




iPhoneは旧型が新規ならば一括で19,800円と表示されていて、ソフトでOSをアップデート出来るから、新型と比べても動画意外なら同じです~、今ならお得ぅ~とセールストーク。新型の価格はまだ分かりません~とか、、、どうやらソフトバンクには売り切りたい在庫が結構あるって感じです。

サンヨー「Xacti DMX-HD1010」

我が家の最新デジタル入力機は

GW前に買った、サンヨー「Xacti DMX-1010」です。
既に新型の出ているいわゆる型遅れなんですが、これでも発売は昨年8月。代謝の早いデジタル機器の中にあって残念ながら最新機種ではありませんが、私には充分過ぎるぐらいのスペックを誇るマシンです。

もともと、デジカメから発展したビデオカメラ(かな?)なので、しかっかり写真も撮れます。我が家のデジカメ達はマクロが弱かったのでこのXactiで補完できてこれまたGOOD!ってな感じです。

カラーはダークシルバーも選びました。

送信者XactiMDX-HD1010

画像はドッキングステーションにセットした状態です。

カメラ単体でも立つことは立つのですが頭でっかちなので不安定です。精密機械(この表現古い?)

送信者XactiMDX-HD1010

撮影時のポジションから眺めるとこんな感じです。

スイッチ類は全て親指で操作する形です。

手ぶれ機能はついているものの、モニタ画面の端を左手でホールドするとしっかり撮影できます。

送信者XactiMDX-HD1010

モニターは2.7型ワイドモニターでフルハイビジョンの画像をちゃ~んと確認できます。

送信者XactiMDX-HD1010

手で持つとこんな感じ。

自然に持てます。


送信者XactiMDX-HD1010

ガングリップスタイルのデジカメ(ビデオ)はこのXactiだけ!






SANYO Xacti DMX-HD1010 (ダークシルバー)ソフマップにて在庫限り~

Index of all entries

Home > 2009年06月

タグクラウド

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。