Home > スポンサー広告 > Wi-Fi HDD ロジテック「LHR-DS05WU3R」を試す<1>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kozys.blog38.fc2.com/tb.php/950-1ddf4918
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from こうちゃんのブログ

Home > スポンサー広告 > Wi-Fi HDD ロジテック「LHR-DS05WU3R」を試す<1>

Home > モノフェローズ > Wi-Fi HDD ロジテック「LHR-DS05WU3R」を試す<1>

Wi-Fi HDD ロジテック「LHR-DS05WU3R」を試す<1>


「みんぽす」さんよりロジテックのハードディスクケース(ハードディスク付き)の最新版をお借りしましたのでレビューでございます~
今回は、設置からフォーマットまでです~

17646-1433-293612


1.

ロジテックLHR-DS05WU3Rってなに?

S LHR DS05WU3R 1ハードディスクをカセットの様にフロントローディングで取り付け取り外しの出来る、外付けハードディスクドライブケースで、今回貸し出して頂いたのは、2TBのウエスタンデジタル製ハードディスクがセットされたものです。

普通のドライブと違うのはWi-Fi対応しているところで、これによりUSBとのケーブルでPCに接続するだけでなく、Wi-Fiネットワーク上からのアクセスが可能になり、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからの利用が可能になるところに特長があります。

増えるスマホやタブレットのデータを、このハードディスクを中心に共有するところがこの製品のキモになっているんですね。

※画像をクリックすると拡大します。



2.製品外観

S LHR DS05WU3R 6ヘアライン仕上げのアルミパネルに包まれた外観は、こういったケースにありがちなチープ感はまったくなくいい仕上がりです。

前面パネル上部は斜めにカットされ、インジケータが並びます。目新しいのは中央部にあるWi-Fi関連のインジケータです。

※画像をクリックすると拡大します。


S LHR DS05WU3R 7背面は電源ポート、USB3.0ポート、リセットボタン、切り替えスイッチと非常にシンプルです。
切り替えスイッチはOFF/PC/WFの表示があります。ということはUSB(PC)とWi-Fi(WF)は同時に使用できなぃってことですね。

背面に切り替えとポートが集中してあるのは頻繁に切り替えて使う場合には煩わしいかもしれませんが、今回の機種においてはWi-Fi中心に使うことになると思うので、大きな問題では無いかもしれません。


※画像をクリックすると拡大します。


3.ハードウェアの準備

S LHR DS05WU3R 5製品の付属品は、ウェスタンデジタル社製2.0TBHDD、AC電源アダプタ、USB3.0ケーブルとシンプル。

※画像をクリックすると拡大します。

S LHR DS05WU3R 8ハードディスクをケースに入れて、AC電源アダプタを接続し、背面の切り替えスイッチをPCまたはWFに入れて準備終了。
非常に簡単です。

※画像をクリックすると拡大します。


S LHR DS05WU3R 9しかし、ハードディスクの挿入時にちょっと違和感。
本体左上のボタンを押して前面パネルを倒してHDDを差し込むのですが、取り出し時の飛び出しを防止する突起が邪魔で、まっすぐHDDを差し込むことが出来ませんでした。

ちょっと斜めにHDDを差し込み、突起を押し込んでから挿入するときちんと入るのですが、意外とこれがストレスだなと、、、、

例えばこの突起が斜めにかっとされていて、差し込む時は自動的に押し下げるような構造ならば挿入が楽なのではないかと思います。

飛び出し防止のアイデアは良いだけにちょっと残念です。

※画像をクリックすると拡大します。



4.フォーマット

まずは、HDDが使用できるようにする為にフォーマット作業を行います。Windows、MacOS、iOS、AndroidのいずれのOSからでも作業は出来るのですが、スマホからの操作が特長の機器なので今回はiOS(iPhone4S)から行ってみました。

S LHR DS05WU3R 10まず、App Storeから無料の専用ソフト「WiーCOOL」をダウンロードします。

※画像をクリックすると拡大します。


Wi-Fiで接続するので、本体裏面の切り替えスイッチを「WF」の位置にしてWi-Fi機能を使えるようにします。

S LHR DS05WU3R 11iPhoneのWi-Fiネットワークを「LHR-DS05WU3_564」に切り替えます。


※画像をクリックすると拡大します。

S LHR DS05WU3R 13「Wi-COOL」を起動します。
「LHR-DS05WU3R_564」を選び設定の画面にします。

※画像をクリックすると拡大します。

S LHR DS05WU3R 14ここでなぜだか英語表記の画面になります。(取扱説明書では日本語表記だが?なぜ???)
「Utility」「Format」と進みます。

フォーマット完成
(取扱説明書ではexFATを選べと出ているけど、ファーマットの種類を選択する画面は出ませんでした。iOSから設定したので出なかったのかは謎です。)

※画像をクリックすると拡大します。



と、こういった形で作業は進みます。
意外と前準備が長いのでひとまず今回はここでおしまいです。
次回はネットワークの設定から~ファイルのアップロードまで紹介する予定です。
17646-1433-293612




Pin It











 iTunes Store(Japan)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kozys.blog38.fc2.com/tb.php/950-1ddf4918
Listed below are links to weblogs that reference
Wi-Fi HDD ロジテック「LHR-DS05WU3R」を試す<1> from こうちゃんのブログ

Home > モノフェローズ > Wi-Fi HDD ロジテック「LHR-DS05WU3R」を試す<1>

タグクラウド

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。